2015
0127
Tue
tb* -
com*0

現在、多くの日本の報道陣が、ヨルダンの首都アンマンに詰めかけ、シリアで誘拐された後藤健二さんに関する報道をしています。

日本のみなさん、こんにちわ!

現在、多くの日本の報道陣が、ヨルダンの首都アンマンに詰めかけ、シリアで誘拐された後藤健二さんに関する報道をしています。

しかし、ヨルダンはイスラム国の戦闘地から遠く離れています。ですから思うようには行かず、ほとんどの時間を日本大使館やヨルダン側から発表される情報を待つ時間に費やしているように見受けられます。

私は、遠く離れたイスラム国や人質に関する報道だけだと、日本人のみなさまが、ヨルダンは戦闘地で危険な国と思うのではないかと、深く危惧しています。

ヨルダンを訪れた報道陣の方達は、実際に目で見て、ヨルダンの情勢は安定していて、とても平和な所だとわかったと思います。
女性でも昼夜を問わず、一人で問題なく出歩いたり、タクシーに乗っても安全で、安心な国だということを!

せっかくアンマンまでいらして下さった日本の報道陣の
方たちにお願いしたいのは、ヨルダンの美しい青空や、
東京の街角を歩く日本人と同様に泣いたり、笑ったりする等身大のヨルダン人の日常生活なども撮影して、日本人の方たちに報道してほしいと思います。

そして、日本のみなさまにもぜひ古い歴史を持つヨルダンに遊びに来て、あなたの目と足で、あるがままのヨルダンを知っていただきたいです。

湯川さんのご家族に心からのお悔やみを申し上げると共に、後藤さんが一日も早く日本に帰国できますように…。私を始め、多くのヨルダン人が祈っております。


アルコロン ハレッド
ヨルダンの月の砂漠「エンジョイ ペトラ」


juncko.jpg

shsha2.jpg